Excel

Excel[チェックボックスの「ON/OFF」でチェック件数を取得する方法]

iimemo

チェックボックスコントロールの制チェック状態を取得する方法を紹介します。

チェックボチェックチェック有無状態を簡単に取得できるので是非参考にしてみてください。

今回の記事内容

チェックボックスのオン/オフ状態の件数を取得する方法を紹介します。

ここまでのチェックリストの作成については下記リンク(過去記事)を参考ください。
※チェックボックスの設置方法などの手順も記事にしています。

Windows10[Update後デスクトップ背景が真っ黒、又は動作が重くなった時の改善策]

iimemo 「WindowsUpdate後、デスクトップ背景が真っ黒になったり、急にPCの動作が重くなった」との問い合わせを調べてたどり着いた改善策として対応した内容を記事に残します。 そのような状 ...

続きを見る

 チェックボックスのチェック状態を取得する方法


  • step.1 合計用の項目

    ①合計の件数を表す項目を追加
    ※本例はチェック済の件数と未チェックの件数の項目を追加


  • step.2 COUNTIF関数(チェック済参照)

    ③COUNTIF関数を入力
    E列4行目のセル~E列10行目を参照し'TRUE'の件数を集計する指定にしています。


  • step.3 COUNTIF関数(未チェック参照)

    ④COUNTIF関数を入力
    E列4行目のセル~E列10行目を参照し'FALSE'の件数を集計する指定にしています。


  • step.4 結果

    チェック済/未チェックのCOUNTIF関数を設定後には集計結果が確認できます。

    補足 最後は見た目を整える

    後は間違って改変されないよう重要な項目がある列は非表示にしましょう


 まとめ又は感想

件数の集計についてはExcel関数を使うと簡単なのでぜひTODOリストなどの資料作る際はチェックボックスコントロールとExcel関数を組み合わせて利用してみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

-Excel